お問合せ・資料請求

ECW METHOD

PROCESS

工法の種類・造壁手順

ECW-Ⅰ型 造壁手順

硬質地盤対応型二軸同軸式ソイルセメント壁

適用地盤 : 一般地盤から硬岩Ⅰおよび転石層および鉄筋コンクリート

削 孔 径 : φ680~φ1,080mm

  • 単軸施工のため機械設置方向の制約がなく、打設ラインをまたいでの施工も可能。作業帯幅の狭い現場で施工が可能です。
  • ケーシングを装着した二軸同軸式であり、削孔時の慎重な精度確認により削孔精度が1/400程度となり、高精度の杭造成が可能です。
  • 低強度の配合により、無振動・無騒音でシートパイルの挿入・引抜きが可能です。

ECW-Ⅰ型の適用削孔経と削孔深度

ECW-I型の適用削孔経と削孔深度

杭径φ680~φ1,080mm、削孔ピッチ450mm~900mmの範囲で選定が可能で、

発生応力度および削孔深度から最適な杭径、杭ピッチが選定できます。

PROCESS

ECW-Ⅰ PROCESS

造壁手順

先行杭作業

先行杭作業
削孔装置セット

削孔装置セット

設計深度到達

設計深度到達

再攪拌時

再攪拌時

引上げ時状況

引上げ時状況

造壁手順の選定要因

排土区間範囲内に地下水か存在する場合。

排出土が含水率などの関係から建設汚泥としての取扱いを受ける場合。

排土区間の原位置土排出作業時(ケーシングも引き上げ)に孔壁が保持できない地盤である。

後行杭作業

後行杭作業
先行杭状況

先行杭状況

掘削混錬

掘削混錬

引上げ完了

引上げ完了

施工後状況

施工後状況

造壁手順の作業構成

先行杭は次の3段階の作業構成から成り立っています

排泥区間作業

注入区間の対象土に硬化液を注入した場合にソイルセメントの膨れ上りが削孔開始地点まで上昇してくる、注入開始地点から削孔開始地点までの範囲を排泥区間とし、この区間の原位置土は注入区間作業で地上部に排出されます。 この排泥区間はエアーまたはエアー+水で削孔を行います。

注入区間作業

注入区間削孔開始地点から硬化液の注入を開始し所定深度まで削孔攪拌を行い、最深部で反復攪拌を行います。 引き続いて引上げ注入攪拌を行い、注入区間の作業を完了させます。 注入区間作業に伴い排泥区間にある原位置土は注入圧により上部に押し上げられ、大部分が地上に排出されます。

再攪拌区間作業

注入区間作業の完了に伴い地上部まで引き上げられた削孔装置から硬化液を噴射しながら注入区間開始地点まで再攪拌を行います。 この時の硬化液注入量は残留原位置土量(注入区間硬化液注入量の20%相当)を注入対象土とした硬化液注入量を吐出しながら混練攪拌を行います。

A S S O C I A T I O N

CONTACT US

まずはお気軽にお問い合わせください